周杰倫 杰倫な生活@上海 周杰倫 相変わらず不仲説は消えず。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周杰倫 相変わらず不仲説は消えず。 

今日も一日ぐだぐだしているうちに終わってしまいました (;´д`)ノ
もうすぐ日本に行くっていうのに、おみやげすら買ってない...間に合うのか私!?
そして自分の乗る飛行機がわからず、ダンナに電話して聞くという体たらく。
福岡乗り継ぎで帰るので、明太子買ってくぞー  えっおー。

周杰倫さま"灌籃"記事がUPされてました。

"昨晩、上海東方明珠塔の下で周杰倫が主演する映画"灌籃"の盛大な発表会が行われ、
周杰倫はもちろん吴宗憲、阿Sa、吴孟达、曾志偉、王剛など映画に出演するスターたちが
すべて勢揃いした。発表会には多くの周杰倫ファンが集まり、ライバル役となる王剛は
自分を嫌がらないでほしいとファンたちに訴えなければならなかった。また吴宗憲と周杰倫は
離れたばかりであり、二人の関係は楽観できるものではない。式典中は離れた位置に立って
話をしなかっただけでなく、お互いに罵るような場面も見られた。

コヒツジさん?周杰倫昨日の午後からファンたちは東方明珠塔の下に集まりだした。夜にはスターたちが
来るため、道という道にファンの姿が見られた。その中でも圧倒的だったのは、やはり
周杰倫のファンたちだ。開場のダンス時にはポスターを掲げ、大声で叫び出した。
南拳媽媽や陳柏霖が出た時にはほとんど声援はなかったが、曾志偉が後ろに回り
周杰倫が出てくるとファンたちは熱狂の頂点に達した。あまりにも大声で叫ぶので、
周杰倫は手を振って挨拶せざるを得なかった。彼と一緒に出てきた阿Saも同じ扱いを
受けることが出来たので、彼女は周杰倫の隣に立ったまま舞台を降りたくなかった。

ベテランである王剛の表現はとても面白いものだった。出てきたとたんに自分は周杰倫の
ファンで、彼の曲を歌えると言った。式典中はずっと周杰倫はいいやつだ、と持ち上げ続けた。
そもそも、彼は映画の中で周杰倫がいる学校の校長役で、周杰倫に対して不快な態度を
とることになる。王剛は"こんなに多くの周杰倫ファンを見たら怖くなってしまった、映画だと
いうことを理解してほしいと言った。

曾志偉と吴宗憲は一緒に出場したが、吴宗憲はマイクを握るとすぐ冗談を言い、舞台下の皆を
笑わせた。彼は映画の中で阿Saとキスシーンがあるよう期待しているとも言ったが、記者の
質問攻めに遭うと単なる提案であって、監督が採用してくれるといいけど、と言った。
曾志偉は映画の中で周杰倫の父親を演じるが、舞台上では"僕は周杰倫の息子を演じる..."
と言い間違えた。後ろでインタビューが行われる中、彼は静かに場を離れたが、周杰倫との
シーンについてはとても期待していて、プレッシャーはないと答えた。

式典中にも周杰倫の独立問題が記者の関心を集めたが、彼の昨日の表現はあまり巧妙とは
言えなかった。面倒な質問が出てくると一言"媽媽に聞いて。媽媽の話は聞かないとね!"
映画の報酬について聞かれたときも、周杰倫は同じような答えを返した。今後のレコード
契約はどうなるか聞かれても同じ答えで、おそらく4、5回はこんな答えがあっただろう。
しまいには司会者もふざけて同時に答えるありさまで、記者たちの不興を買った。

人気天王・周杰倫が今日の栄光をつかんだのは、疑いなく吴宗憲が彼を抜擢したことによる。
だが昨日の式典中、挨拶すらせず遠い場所に立ち火花を散らす二人は、まるで仇のようだった。

灌籃発表会周杰倫はアルファとの契約問題について尋ねられたが、機嫌のよかった
彼はフランクで、解約と独立についても気軽な様子で話した。
"もう長い間一緒に仕事をしてきて、みんな友達だよ。僕たちの関係は
新聞に書かれるほど誇張されたものじゃない。レコードについては
一緒に仕事をするんじゃないかな"

会社の設立についての話では、半ば冗談めかしてまず契約しなきゃならないのは
吴宗憲だね、彼は頭がいいし、と言った。
"契約金については、彼が当時僕に使った金額を見て決めないと"と言う周杰倫の言葉は
吴宗憲を刺激し、彼が話す番になると"恩返しをする時期だろう、なに馬鹿なことを
言ってるんだ。あの時お前は無名の小卒で、自分は今天王なんだぞ!"と反撃した。

この後も何度か対話することがあったが、二人の話はすべて相対するものだった。
笑顔ではあったが、記者は話の中に批判めいた意味を感じ取った。ある消息通によると、
周杰倫が映画の中で使用するのは"黄金甲"のデザイナー・奚仲文が彼のためにデザインした
ユニフォームで、周杰倫代言の尓惠が提供するという。自分は義理堅い、という周杰倫が
指定したそうだが、吴宗憲に対してはどうなのだろうか。"

...記事の原文を読んだ限りでは、二人はふざけてるのかなーと思ったんですが、
相変わらず不仲説を流したい人もいるみたいですね(´;ω;`)
二人の師弟関係については、違う観点からの記事もありますのでまたUPします。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jielunmi.blog74.fc2.com/tb.php/150-adb3f61a

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。