周杰倫 杰倫な生活@上海 相当ふっくら周杰倫。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相当ふっくら周杰倫。 


この写真はいったい...

あんまり意識してなかったんですが、
いただいた拍手コメントを見て以降
どうも気になってしょうがない _| ̄|○

ジェイ、太ったね!!

...と主にアジア圏に存在する熱狂的ジェイ・チョウファンに喧嘩売ってるような発言でしたが、
気づいちゃうと気になるもんですねー
そもそも1枚目のアルバムジャケットみたいな"繊細な細身の青年"ズキの私には痛いところですが
もはや周杰倫さまに関してはそれでもいいです、音楽さえ作ってくれれば^q^

本日の、というか昨日出てた記事行きます。

"「三十にして立つ」周杰倫の印象はさらに堂々と立派なものとなった。

联合报の報道によると、無錫に滞在中の『刺陵』撮影チームは、蒸篭のように蒸し暑い夜のシーンを
撮影した。皮のジャケットを着た周杰倫は大きな歯車の上に立ちっぱなしの仕事を終え、疲れたかと
尋ねられると頭を振って笑いながら「志偉がそこにいるのに大声を出さないのが疲れる」と答えた。

宝が隠されている古墳の壁は髑髏の山になっており、かなりペンキの匂いが鼻を突く。周杰倫は
マスクをするわけにもいかず、林志玲を連れて洞窟に走り入りまた出てくるシーンを撮った。
監督の指示に従って何度もテイクを重ねる。周杰倫は手にした懐中電灯で洞窟内の髑髏を照らし、
まるでハリー・ポッターの魔法のステッキのようだった。

『刺陵』は撮影開始からすでに数か月が経ち、周杰倫は以前よりさらにたくましくなった。澱粉類は
食べていないと言うが、時々ファースト・フードを買いに行かせて食欲を満たしている。本人によれば
いちばんよく食べるのはフライドチキンだそうだ。

撮影を待つ間、周杰倫は面倒なことにならないよう気を使っている。熱狂的すぎるファンを避けるため
台湾から連れてきた数名のマネージャー以外にも2人の警備員を雇った。そのうちの1人は見た目が
ユニークだったため、武術指導の程小東に指導を受けて特別出演することになった。自分のそばに
いる人間がスターになって、周杰倫はかなり得意げな様子だった。"

って初めの一行と本文の内容がいまいちかみ合ってない記事ですね(* ̄m ̄)

さて、上海の友達に電話でもするかな。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

遅くなってごめんなさい!

なんだかバタバタしててお返事遅れました(;つД`)

鍵コメ、全然大丈夫ですよー
むしろ鍵でも公開でもうれしいです^w^

もうね、ホント細身が好きなんですよね!!
横にある画像検索で昔のジェイが出てるとうひょーってなります(*´Д`)

今は役作りのためにあえて体重を増やしたと思いたいところですが...
体調は大丈夫なのか気になりますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jielunmi.blog74.fc2.com/tb.php/198-646705a3

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。