周杰倫 杰倫な生活@上海 周杰倫インタビュー"世界に打って出る準備だぜ!"続き

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

周杰倫インタビュー"世界に打って出る準備だぜ!"続き 

今続きを書いてUPしたはずが何も存在しておりません。
どーなっとるfc2ぅーーー!!!ヽ(`Д´)ノ

さて、さっき書いた記事を書くというエライ目に遭ってる私ですが
そんな努力して書いて誰が認めてくれるというのか。
            ↑
本当はもう書きたくないけど続きを書かないのは自分的に
中途半端な感じがしてできないためかなりの勢いで拗ねている

...というわけで気を取り直してもう一度..._| ̄|○il|li 

記者  :30歳というのはあなたにとって特別な意味はありますか?
周杰倫:敷居をまたぐみたいなもので、世界が広がるってことかな。以前は気にもしなかったことが
     今はできるし、行くし、考えるんだ。拡大してるんだよ。もっと高く、遠くまで行きたい。
     例えば、前は自分の英語が下手なことを気にしてたからハリウッド映画に出たいなんて
     思ったこともなかった。でも今は、もし脚本が送られてきたら見ると思うんだ。映画を使って
     アジアから飛び出して、音楽を世界に届けられたらなって。華人アーティストだったら
     誰もが渇望する目標だと思う。
記者  :芸能界入り10年間、は95点をつけましたがなぜスキャンダルのせいで5点マイナスに
     したんですか?
周杰倫:ママがいつも言うんだ、人として謙虚であれって。僕は慢心しちゃいけないと思うし、5点は
     進歩する余地だよ。まあ、ここ数年スキャンダルの影響は確かにあったけど。
記者  :いつもデートの写真を撮られてしまうことですか?
周杰倫:パパラッチのことは本当に考えたくもないんだ。何日か前に撮られたのだって(※『熊猫人』
     女主人公の唐嫣とのこと)根本的に間違ってる。あの時は仕事で、車の運転をするシーンを
     撮ってたんだから。もちろん時間が空けばみんなで食事に行ったりはするけど、週刊誌が
     言うようなのとは全然違うよ。
記者  :今年30歳ということで、お母さんは何か言っていましたか?
周杰倫:あはは、キリスト教を信じてほしいってさ。
記者  :30歳の自分に言いたいことは?
周杰倫:以前のことを言えば、僕は短パンにサンダルなんて姿で通化の夜市に行って何か食べたり
     してたけど、誰が一緒でも写真を撮られることもなかった。今はそんなことできない。
     今の僕には自由がない。だけど家族に心地いい生活をさせられるんだからいいんだ。
     時々昔が懐かしくなるけど、1,2時間もすれば現実に戻って自分に言い聞かせるんだ。
     「もう戻れないんだ、前を向いて進まなきゃ」って。
記者  :プレッシャーはありますか?
周杰倫:一定の地位を得ればもう転ぶのを恐れなくていい、って思いこむようにしてる。例えば
     周润发や张学友みたいに、賞なんて取っても取らなくても関係ない人たちのこと。ただ
     出てくるだけで拍手が鳴り響くような人にならなきゃね。
     自分が自信を失うなんて永遠に許さないし、永遠にファンを失望させたりしない。

...ということでした(´・ω・`)ノ ♪

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jielunmi.blog74.fc2.com/tb.php/203-52b905a1

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。