周杰倫 杰倫な生活@上海 周杰倫 曲

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一路向北 

この歌を聞くと日本コンサを思い出します。
"ああ、もう終盤近いのだな"と思って哀しくなった覚えが...(´;ω;`)
"頭文字D"でジェイ落ちした方も多かったようですが、"黄金甲"ではどうなるんでしょうねー

今までずーっと知らなかったんですが、うちのPCくん  ←メンズ? どうやらピンインが出せると
さきほど気づいてしまいました。今までの苦労はなんだったんでしょうか (;つД`)
ちょっと打つのが楽しいので、ピンインサービス受け付けます♪
知りたい曲があったらリクエストしてくださいねー  中国語の勉強にはもってこいかと。

詞:方文山 曲:周杰倫
IntialD 周杰倫
後視鏡裡的世界 越來越遠的道別
hòushìjìnglideshìjié yuèláiyuèyuǎndedàobié
你轉身向背 側臉還是很美
nǐzhuǎnshēnxiàngbèi céliǎnháishìhěnměi
我用眼光去追 竟聽見你的涙
wǒyǒngyǎnguāngqùzhuī jìngtīngjiànnǐdelèi
杏ちゃん&周杰倫
在車窗外面徘徊 是我錯失的機會
zàichēchuāngwàimiànpáihuái shìwǒcuòshīdejīhuì
你站的方位 跟我中間隔著涙
nǐzhàndefāngwèi gēnwǒzhōngjiāngézhelèi
街景一直在後退 你的崩潰在車外零碎
jiējǐngyìzhízàihòutuì nǐdebēngkuìzàichēwàilíngsuì

拓海くんバイト中 周杰倫我一路向北 離開有你的季節
wǒyílùxiàngběi líkāiyǒunǐdejìjié
你説你好累 已無法再愛上誰
nǐshuōnǐhǎolèi yǐwúfǎzàiàishangshéi
風在山路吹 過往的畫面全都是我不對
fēngzàishānlùchuī guòwǎngdehuàmiànquándōushìwǒbúduì
細數慚愧 我傷你幾回
xìshǔcánkuì wǒshāngnǐjǐhuí

余韻 周杰倫我一路向北 離開有你的季節
wǒyílùxiàngběi líkāiyǒunǐdejìjié
方向盤周圍 迴轉著我的後悔
fāngxiàngpánzhōuwéi huízhuǎnzhewǒdehòuhuǐ
我加速超越 卻甩不掉緊緊跟隨的傷悲
wǒjiāsùchāoyuè quèshuǎibudiàojǐnjingēnsuídeshāngbèi
細數慚愧 我傷你幾回
xìshǔcánkuì wǒshāngnǐjǐhuí
杏ちゃん&周杰倫2停止狼狽 就讓錯純粹
tíngzhǐlángbèi jiùràngcuòchúncuì

バックミラーに映る世界 別れが遠ざかっていく
くるりと背を向けるきみ 相変わらずきれいなその横顔
目できみを追うと 思いがけずきみの涙が見えた


黄秋生&周杰倫僕が逃した機会が 窓の外をさまよう
きみが立つ場所と僕の間を隔てる涙
後退していく街の風景 崩れ落ちるきみが窓の外で粉々に砕ける

僕はひたすら北へ向かう きみのいた季節を離れて
もう疲れた 誰も愛せない って言ったね
コンビニ前 周杰倫山道を吹きぬける風 過ぎ去った画面の中 間違っていたのは全部僕
恥ずかしさをすべて数える 僕は何度きみを傷つけたんだろう

僕はひたすら北へ向かう きみのいた季節を離れて
ハンドルと一緒に 僕の後悔が一緒に回っている
どんなにスピードを上げても 貼りついた悲しみを振り切ることはできない
恥ずかしさをすべて数える 僕は何度きみを傷つけたんだろう
もううろたえるのは終わり 間違いを純粋に昇華するだけ

祝我生日快樂 

歌詞を見ながらMVをチェックして雰囲気をつかもうとする私。
元々生粋の音楽好きで、いい音楽を聴くと背筋がゾクゾクするんですが、周杰倫の曲は
異様に背筋ゾクゾク率が高いです(o´∀`o)
ちなみに背筋のみならず全身が総毛だったのは"蝸牛"が初めてでした。

温嵐さんの曲だということで、主人公は女子に設定させてもらいましたー
そもそも男子が一人、恐らくはカラオケボックスでロウソクを灯さないだろうと(* ̄m ̄) 

作詞:鄭中庸  作曲:周杰倫

我知道傷心不能改變什麼 那麼 讓我誠實一點
wǒzhīdàoshāngxīnbùnénggǎibiànshénme nàme ràngwǒchéngshiyìdiǎn
誠實 難免有不能控制的宣洩
chéngshi nánmiǎnyǒubùnéngkòngzhìdexuānxiè
只有關上了門 不必理誰 一個人坐在空蕩包廂裡面
zhǐyǒuguānshanglemén búbìlǐshéi yígerénzuòzàikōngdāngbāoxiānglímiàn
手機 讓它休息一夜 難 像切歌切掉回憶的畫面
shǒujī ràngtāxiūxiyíyè nán xiàngqiēgēqiēdiàohuíyìdehuàmiàn
眼涙不能流過十二點 生日快樂 我對自己説
yánlèibùnéngliúguòshíèrdiǎn shēngrìkuàilè wǒduìzìjǐshuō
蠟燭點了 寂寞亮了 生日快樂 涙也融了
làzhúdiǎnle jìmòliàngle shēngrìkuàilè lèiyěróngle
我要謝謝你給的你拿走的一切
wǒyàoxièxienǐgěidenǐnázǒudeyīqiè
還愛你 帶一點恨 還要時間 才能平衡
háiàinǐ dàiyìdiǎnhèn háiyàoshíjiān cáinéngpínghéng
熱戀傷痕 幻滅重生 祝我生日快樂
rèliànshānghén huànmièchóngshēng zhùwǒshēngrìkuàilè

悲しみがなにも変えられないって知ってるから 少しだけ正直でいさせて
正直に 抑えられない気持ちを吐き出させてほしいの
閉まったドアがあるだけ 誰のことも気にせず 一人がらんとした部屋の中
携帯は一晩お休みさせるわ 曲を止めて画面を消すようには消えない思い出

12時過ぎたらもう涙は流さない 自分に向かって言う 生日快樂
ロウソクを灯す 寂しさが照らされる 生日快樂 涙も溶けていく
ありがとう あなたがくれた あなたが奪ったすべてのものに
まだ残る愛情とわずかな憎しみ 時間が経てばバランスも取れるはず
激しい恋の傷跡が浮かんでは消えていく 祝我生日快樂

晴天 

微笑み周杰倫
 "反方向的鐘"のbo po mo foもそうなんですが、台湾の注音記号は
 何がなにやらさっぱり覚えられません ( ´ Д ⊂ )
 音階を表現してるってわからなくて考えちゃいましたー

  作詞:周杰倫 作曲:周杰倫
 
故事的小黄花 從出生那年就飄著
gùshidexiǎohuánghuā cóngchūshēngnàniánjiùpiāozhe
童年的蕩鞦韆 隨記憶一直晃到現在
tóngniándedàngqiūqiān suíjìyìyìzhíhuǎngdàoxiànzài

ㄖㄨㄟ ㄙㄡ ㄙㄡ ㄒ一 ㄉㄛ ㄒ一 ㄌㄚ
 rui   sou  sou  xi   de   xi   la
ㄙㄡ ㄌㄚ ㄒ一 ㄒ一 ㄒ一 ㄒ一 ㄌㄚ ㄒ一 ㄌㄚ ㄙㄡ
 sou  la   xi  xi   xi   xi   la   xi   la  sou

吹著前奏望著天空 我想起花瓣試著掉落
chuīzheqiánzòuwàngzhetiānkōng wǒxiǎngqihuābànshìzhediàoluò
為妳翹課的那一天 花落的那一天 教室的那一間
wèinǐqiáokèdenàyītiān huāluòdenàyītiān jiàoshìdenàyījiān
我怎麼看不見 消失的下雨天 我好想再淋一遍
wǒzěnmekànbujiàn xiāoshīdexiàyǔtiān wǒhǎoxiǎngzàilínyíbiàn
沒想到失去的勇氣我還留著 好想再問一遍 妳會等待還是離開
méixiǎngdàoshīqùdeyǒngqǐwǒháiliúzhe hǎoxiǎngzàiwényíbiān nǐhuìděngdàiháishìlíkāi

颭風這天 我試過握著妳手 但偏偏 雨漸漸 大到我看妳不見
zhǎnfēngzhètiān wǒshìguòwòzhenǐshǒu dànpiānpiān yǔjiànjiàn dàdàowǒkànnǐbújiàn
還要多久 我才能在妳身邊 等到放晴的那天 也許我會比較好一點
háiyàoduōjiǔ wǒcáinéngzàinǐshēnbiān děngdàofàngqīngdenàtiān yěxǔwǒhuìbǐjiàohǎoyìdiǎn

從前從前 有個人愛妳很久 但偏偏 風漸漸 把距離吹得好遠
cóngqiáncóngqián yǒugerénàinǐhěnjiǔ dànpiānpiān fēngjiànjiàn bǎjùjíchuīdehǎoyuǎn
好不容易 又能再多愛一天 但故事的最後妳好像還是説了拜拜
hǎoburóngyì yòunéngzàiduōàiyītiān dàngùshidezuìhòunǐhǎoxiàngháishìshuōlebàibai

物語の黄色い花は 生まれたその時からすぐ風にそよぐ
少年時代の揺れるブランコ 記憶の中で今もまばゆい

レソソシドシラ ソラシシシシラシラソ

前奏曲を吹いて空を見上げ 散りそうな花びらを思い浮かべる
授業の終わりを待ち望んだあの日 花が散ったあの日 あの教室 
なぜ思い出せないんだろう 消えてしまった雨の日 あの雨にもう一度濡れたい
まだ失う勇気が残ってたなんて思わなかった
待つか それとも離れるか きみにもう一度聞きたい

葉恵美 周杰倫風が吹き抜けるこの日 君の手を握ろうとしたけど
折り悪く雨がだんだん強くなって きみの姿さえ見えなくなった
あとどのくらい経てば きみのそばにいられるんだろう
雨の上がったその日 僕は少しましになれるかもしれない

昔 きみをずっと愛してた人がいた
折り悪く風がだんだん強く吹いて 僕らの距離を遠くへ飛ばした
やっとまた前よりもっと愛せる日がやってきたのに
物語の最後で きみはやっぱりバイバイって言うんだろう

蝸牛 

周杰倫,ジェイ・チョウ,ジェイ,王力宏,ワン・リーホン,リーホン,上海幼き頃の周杰倫
 許茹芸のために書かれたこの歌、若かりし周杰倫が
 自分と重ね合わせて書いたような気がして私はとても好きです。
 "可愛女人"撮影のときはなるべく目立たないようにしてたという彼、
 自分を守るため閉じこもる殻が必要だったのかも知れません。

マスコミとの攻防や過密スケジュールなど、いろいろまだ大変なことも多いでしょうが、
いつか殻を外して落ち着ける場所がジェイに見つかりますように。
 
作詞: 周杰倫   作曲: 周杰倫周杰倫,ジェイ・チョウ,ジェイ,王力宏,ワン・リーホン,リーホン,上海小学生 周杰倫

該不該 擱下重重的殼
gāibugāi gēxiàzhòngzhongdeké
尋找到底那裡有藍天     
xúnzhǎodàodǐnàliyǒulántiān
隨著輕輕的風輕輕的飄   
suízheqīngqingdefēngpiāo
sui2zhe・qing1qing・de・feng1qing1qing・de・piao1 周杰倫,ジェイ・チョウ,ジェイ,王力宏,ワン・リーホン,リーホン,上海教室でふざける周杰倫
歴經的傷 都不感覺疼 
lìjīngdeshāng dōubùgǎnjuéténg

我要一歩一歩往上爬 wǒyàoyíbùyíbùwǎngshàngpá
等待陽光靜靜看著它的臉
děngdàiyángguāngjìngjingkànzhetādeliǎn
周杰倫,ジェイ・チョウ,ジェイ,王力宏,ワン・リーホン,リーホン,上海サイン会 周杰倫小小的天 有大大的夢想
xiǎoxiaodetiān yǒudàdàdemèngxiǎng
重重的殼裹著輕輕的仰望
zhòngzhongdelélizhuóqīngqingdeyǎngwàng

我要一歩一歩往上爬
wǒyàoyíbùyíbùwǎngshàngpá
在最高點乘著葉片往前飛
zàizuìgāodiǎnchéngzheyèpiànwǎngqiánfēi
周杰倫,ジェイ・チョウ,ジェイ,王力宏,ワン・リーホン,リーホン,上海コンサ 周杰倫任風吹乾 流過的涙和汗
rènfēngchuīgān liúguòdelèihéhàn
總有一天我有屬於我的天
zǒngyǒuyītiānwǒyǒushǔyǔwǒdetiān

重い殻は脱ぎ捨てるべきかな いったいどこに行けば青空が見つかる
そよ風にふわりと吹かれていると たくさんの傷はちっとも痛まない

周杰倫,ジェイ・チョウ,ジェイ,王力宏,ワン・リーホン,リーホン,上海Men's Uno 周杰倫一歩一歩登っていかなくちゃ 日だまりの中静かにお日さまを眺める
小さな空にある大きな夢 重い殻の中じっと仰ぎ見ている

一歩一歩登っていかなくちゃ 最高点についたら葉に乗って飛ぶよ
流してきた涙と汗は風に吹かれて乾くのにまかせて
いつかこれこそは自分のものだと言える日がやってくるから



菊花台 

にっこり 周杰倫ついでにこれも 周杰倫はだけてます 周杰倫
 菊花台(滿城盡帶黄金甲主題曲)
 詞/方文山 曲/周杰倫



你 的涙光 柔弱中帶傷 慘白的月彎彎 勾住過往
nǐdelèiguāng róuruòzhōngdàishāng cǎnbáideyuèwānwan gōuzhùguòwǎng
夜 太漫長 凝結成了霜 是誰在閣樓上 冰冷的絶望
yètàimàncháng níngjiéchéngleshuāng shìshéizàigélóushang bīnglěngdejuéwàng
雨 輕輕彈 朱紅色的窗 我一生在紙上 被風吹亂
yǔ qīngqingtán zhūhóngsèdechuāng wǒyīshēngzàizhǐshang bèifēngchuīluàn
夢 在遠方 化成一縷香 隨風飄散 你的模樣
mèng zàiyuǎnfāng huàchéngyìlǔxiāng suífēngpiāosān nǐdemúyàng

菊花殘 滿地傷 你的笑容已泛黄
júhuācán mǎndìshāng nǐdexiàoróngyǐfànhuáng
花落人斷腸 我心事靜靜躺
huāluòrénduàncháng wǒxīnshìjìngjingtǎng
北風亂 夜未央 你的影子剪不斷
běifēngluàn yèwèiyāng nǐdeyǐngzijiǎnbuduàn
徒留我孤單在湖面 成雙
túliúwǒgūdānzàihúmiàn chéngshuāng

花 已向晩 飄落了燦爛凋謝的世道上 命運不堪
huā yǐxiàngwǎn piāoluòlecànlàndiāoxièdeshìdàoshang míngyùnbùkān
愁 莫渡江 秋心拆兩半 怕你上不了岸 一輩子搖晃
chóu mòdùjiāng qiūxīnchāiliǎngbàn pànǐshàngbuliáoàn yíbèiziyáohuang
誰 的江山 馬蹄聲狂亂 我一身的戎裝 呼嘯滄桑
shéidejiāngshān mǎtíshēngkuángluàn wǒyīshēnderóngzhuāng hūxiàocāngsāng
天 微微亮 你輕聲的嘆 一夜惆悵 如此委婉
tiān wēiweiliàng nǐqīngshengdetàn yíyèchóuchàng rúcǐwěiwǎn

菊花殘 滿地傷 你的笑容已泛黄
júhuācán mǎndìshāng nǐdexiàoróngyǐfànhuáng
花落人斷腸 我心事靜靜躺
huāluòrénduàncháng wǒxīnshìjìngjingtǎng
北風亂 夜未央 你的影子剪不斷
běifēngluàn yèwèiyāng nǐdeyǐngzijiǎnbuduàn
徒留我孤單在湖面 成雙
túliúwǒgūdānzàihúmiàn chéngshuāng

弱々しく傷を帯びるあなたの涙 その光を青白い月が縁取る
霜が下りるほど長すぎる夜 閣楼にいるのは誰なのか 氷ほどに冷たい絶望
鮮やかな紅の窓を雨がぽつぽつ叩く 私の一生は紙の上 風に吹かれ乱れる
遠くで香るは夢 風に乗って散っていく あなたの姿

菊の花が散りゆく 傷だらけになって あなたの笑顔にはもう顔色もなく
花は散り 人は嘆き悲しむ 私は静かな気持ちのまま ただ横たわる
北風が吹き荒れる 夜はまだ早く あなたの影は決して断ち切れない
私の孤独がむなしく残される湖面が対になる

終わりに近い花 栄枯盛衰の世の中を落ちていく やりきれない運命
憂いよ 河を渡ること勿れ 二つに分けて あなたが岸に上がれるまで振り続けていよう
この国は誰のもの ひづめの音が狂ったように響く 鎧は世の移り変わりに鋭い音を立てる
かすかに明るみのさす空 あなたの短い嘆き 一夜の憂鬱はこんなにも婉曲

菊の花が散りゆく 傷だらけになって あなたの笑顔にはもう顔色もなく
花は散り 人は嘆き悲しむ 私は静かな気持ちのまま ただ横たわる
北風が吹き荒れる夜はまだ早く あなたの影は決して断ち切れない
私の孤独がむなしく残される湖面が対になる

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。