周杰倫 杰倫な生活@上海 花儿楽隊 Flowers

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新譜の発売日、けってーい (・∀・) 

花儿
 度重なるパクリ疑惑により発売延期になっていた花儿の"花天囍世"、
 やっと発売日が決定したそうです (*´ω`*) 今月末だって。
 10月6日の中秋節には、北京で"花蜜"たちのイベントに参加。

 ※中国語でファンを意味する"迷mi2"と"蜜mi4"をかけて、
 花儿ファンは花蜜と呼ばれます。

花儿とファンの集い
大張偉と石醒宇の登場は飛び入り参加。ファンはうれしいよなー。
大張偉はずっとマイクを持ったまま、司会まで務めたそうです。
下は8歳にもならない子供から上は50才近いファンが参加、というのは
地元・北京ならではのことでしょうか。

いかにも子供ウケしそうな曲とビジュアルなんですよね。
ビジュアルは古くはチェッカーズ(年バレ)、最近だと軽めの氣志團あたりっぽいかな。
かっこいいかと言われたら決して頷ける感じではない(ごめんなさいっ)かと思われます。

作曲(編曲、と言わなくてはいけないのか!?)担当、Vocalの大張偉本人が
"聞いた人が楽しくなるような音楽がしたい"と言っているように、音楽はひたすらポップ。
気がつくと フンフン♪ って口ずさんじゃうようなものが多いですね。
大陸歌手にはちょっと珍しいタイプです (・∀・)

花儿
 うちのムスメはほかのどの歌手より花儿のMVに食いつきます。
 MVもストーリー仕立てになってたりして、けっこう面白い。
 日本でこの人たちのCDは手に入るんでしょうか (*・ε・*)
 あ、でもYou Tubeあたりで見れるのか。  ←1人で話してますね
 機会があったらぜひ一度聞いてみてくださーい。

花儿楽隊 がんばれ(・∀・)9 !  

19日に出るということでずっと探していた花儿楽隊の新譜ですが、前作に引き続いての
"パクリ疑惑"により発売延期になってました...( ´ Д ⊂ )
楽しそうなポーズの花儿楽隊
そもそも私が彼らを知ったのは、カラオケBOXで見たMVででした。
"化蝶飛"を娘がえらく気に入り、すぐにDVDを買わされ、カタカナで
読みがなまでふらされました (*´∀`*) そしてお歌の猛練習。
微妙な発音ではありますが、唯一娘が歌える中国語ヒットソングです。

ずーっと前に流行した"ビートパンク"みたいで、ものすごくキャッチーなんですよね (´・ω・`)
"化蝶飛"、私は"恋のマイアヒ"中国語版だと思っていたら実はそうではなかったようで。

その後何ヶ月かして別の曲がPuffyにそっくりだとか(実際音の高さまで一緒でした)他の曲も
誰それの何のパクリだ、と言うのがネットでものすごく反響を呼んで、結局は事務所が
版権処理をした、というのが今年の3月から4月のこと。

復帰作となった"加油歌"でまた疑惑が持ち上がり、新譜発売を明日に控えた18日、
さらに他の曲に対するパクリ疑惑によりすでに出荷されていたCDはすべて回収、厳正に調べて
必要があればまた版権処理をし、その後やっと発売されることになった、というのが事の顛末。

疑惑が持ち上がった曲を聞いてみましたが、言われている韓国歌手の曲と言うより
まんま"Saturday Night"ぢゃないか (。´Д⊂) ゴリエかよ。
一部分だけメロディを使っていて、曲全体はまったく違うんですけどね。

一度そういう問題を起こしたバンドだから、BBSや評論家の論調もより厳しくなってますが、
幸い事務所は彼らとの契約をすぐ切ることは考えていない、と言っています。

"ほかの人の旋律と似ないように本当に本当に気をつけたのに。この間のことではものすごく
苦しんだから、そんなことにならないように何回も録音しては変えて録音しては変えて..."

と言う大張偉の言葉からすると、もしかしたら本当に無意識なのか Σ(・ω・;)
前回の騒ぎの大きさを考えると、わざと似たような曲を作るっていうことはないんじゃないかな...
周杰倫も前に疑いをかけられて超・大激怒してましたが。
花儿楽隊 新譜ジャケ
いずれにしても偶然にしてはあまりにも似すぎてるんですよね (。´Д⊂)
編曲ということでなら、大張偉はすごく才能があると思うんですが...
思い切ってこの際、編曲して演奏するバンドとして再出発じゃダメなのかなぁ? 

とりあえず新譜の発売待ち、ということで (。・ω・。)ノ~

  1. 無料アクセス解析
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。